朝顔

74B62CA4-F3A1-46A5-AC6C-BEA34925840B

4歳児。初 種まきから花まで、ちゃんとお世話して咲きました。嬉しくてスケッチ中のぼっちゃま。種取りまでできたらすごいなぁ。私40歳。にしてようやく、撒く-育てる -種とるの循環の中にはいったのに、4歳でもう?!

分球玉ねぎ

分球たまねぎ2020

先日おったまネギ!ました。玉ねぎの種を取ろうとおもって植えていたものがぐんぐん大きくなって、結局種とれず、さて、どうしたもんかと雨の合間にひいてみたら、玉ねぎひと玉が分球して、まるでにんにくのように、いや、らっきょうのように増えてるじゃないの。だいたいの野菜は種取りして ほそぼそと継いでいるのだけど、玉ねぎはどうも難しくて、いつも苗を植えていました。だけど!分球方式でできるなら ものすごい私の気持ちもかろやか。たしかに。球根として、玉ねぎをみるとそうよね、そうよね!とネットで調べてみたら、分球方式が主流な国もあるようで、ポテトオニオンとゆう品種は分球するたまねぎらしいけれど、あまり出回ってなく、ひとつの大きな球根を育てる方式から 原種帰りさせると分球玉ねぎが可能になる。との情報も。この感動は伝わりにくいだろうけれど、すんごい感動とともに、すんごい大発見でした。この玉ねぎ、また植えてみよーっと。大きくて丸いのが玉ねぎだって思い込んでたけど、きっと違ったんだな。

ビワの葉染め

44C71B85-DE50-422A-A885-EE1FF0E4ED1D

久しぶりに草木染めをば。豪雨の前の続く雨の時に、洗濯乾かすがてら、家の湿気取りがてら、料理がてら、ほぼほぼ、ゆるーっとつけている薪ストーブにおまかせして。

あもさんの 薄汚れてきた下着やTシャツをビワの葉でサーモン色に。

廃油石けんの洗剤をも、もう川に流したくないなと思って、 灰汁で洗っていたけれど、どれももういいやってなって、水洗いのみのこの頃。染め甲斐があります。

私も家も家族 猫も烏骨鶏もたんぼも無事です。いまのところ。

川の横っちょに住んでいるのを知っている方々から、追加して、あのぼろ家!だし、流されてもしょうがないね、っと だ、だ、大丈夫か、もう返事はないだろう、とメールをくれました。

すごいことになるかもしれないと、烏骨鶏ズも部屋に入れて、おにぎりもお茶も用意して備えてねたのですが、あっけらかんと山川集落無傷で、雨はすごかったものの、初日、たいしたことなかったな、と思っていました。

が。無傷なのは、ここ。だけかも、とゆうくらい、周りは土砂、水没、停電、とさまざまな被害がでているようです。

テレビでは、小国町孤立とかニュースになってるようですが、勿論小国の中でも大きな被害があったところがあります、でも未だに孤立状態で、電気、水道、使えない大分県中津江村とゆうところがあります。友人もいるところで、助けにも行けないもどかしさ。

が、そんな状況の中、山奥の高齢者がなんの不自由もない、と普通どうりの暮らしをしているとゆう情報がきました。もともと、電気ガス、 水道がなかった時代に生きていた方々。プロパンがあるし、なけりゃ薪がある。と。

おたおたしているのは電化で暮らしている人々なのか。

まだまだ降り続く雨。結構ひどくなってきました。

さらなる被害がでないことを願って。

今のところ無事が、明日も今のところって言えますように。

運命の分かれ道。

よもぎオイル

C09F0A79-80A6-489A-8B92-22C508B7DFEE

今年のよもぎオイルは、信頼して使わせてもらっている坂本製油さんのなたね油で作ってみた。のだが、田植えに草取り、大豆撒き、麦刈りが、もちゃーっと忙しくて、よもぎが半分乾燥してしまったのでやったので、色が薄い。左が今年、一昨年のが右。最初、皮膚に近い油の椿にしようかとおもっていたんだけど、坂本製油に相談したら、椿は低い温度で抽出してるから、あえて火をまた通すのはもったいないかも、と提案してもらったので、食べられるんだから塗れないわけがなく、みじかにあるなたね油でよもぎをじくーっと土鍋で揚げて、よもぎ油を作った。油を絞ったよもぎは味噌とまぜて、よもぎ味噌にして、ただいまご飯のお供。よもぎの香りが好きなので、乾燥した時、傷ができた時、マッサージしたい時、この油は重宝します。これとリップだけが、私の美容品、、になるのかも。今年は庭で採れた、蜜蝋とよもぎ油のリップを作ってみるつもりです。

麦脱穀の舞

麦脱穀

なんですか、これは。と思う人、笑っちゃう人、いるかもしれませんが、本人、大真面目に、大豆と麦の脱穀は、足踏み脱穀機でやってます。そして助手のぼっちゃまがすごく働きます。回すタイミングも、足踏みも、しかも4歳なのに、足踏みしながらちゃんと麦持って脱穀できてます。体幹鍛えられるわぁ。友人がトランポリンくれるって言ってたけど、この動画を送ったら、トランポリンより楽しいそうやん。って返事がきました。ほんまやん!おんなじようなもんやん。

手を使って鍬で草を刈る、足を使って脱穀する、口で竹筒吹いて火を起こす、時間はかかるけれど、電力では味わえない尊さと時間の流れが人力にはあります。体の使い方、呼吸の仕方、そこから気づくことも多々。もっともっと自分とゆう道具を使って生きたいな。

命の記憶がつまったお塩

はやさきお塩

天草のはやさきとゆうお塩を使わせてもらっています。天草の塩づくり見学のたび

粗塩なので、すり鉢で ごりごりしてから料理に使います。電動ミルとか、フードプロセッサーとかあるので、すり鉢ってだんだん使われなくなって、みんながいらなくなった物が集まってくる我が家、うちには巨大なのも含め5ー6個?もっとか?沢山あります。

ゴリゴリ。。

なんともこの時間が、大切です。完全天日で時間をかけて作られたお塩をちょっと手間かけて小さくすりつぶすと、空気と塩が混ざって、ほんわりします。粗塩の角ばった結晶がうそのように丸い性格になるように。自分で選んでるから 愛着も勿体ないと思う気持ちも、美味しいも 大切な心も、塩一粒が、ありがたいありがたい、だけです。天から降った水が川になり、通ってきた土地の記憶と世界に繋がる海の記憶、が凝縮された塩は 命の記憶が詰まってる。と思います。みなさん、減塩とゆうお塩は敵だとゆう洗脳から外れて、大切な塩、命のお塩。をみつけましょう。もちろん食べすぎは注意。

小麦刈取|2020

もち大麦 農林61 ミナミの香り|2020

刈取時期を田植えの前か梅雨に入る前かが微妙で結局、梅雨の晴れ間に急いで刈取ました。初めて作るので、いつのタイミングがベストなのかが、わからなかった、、。本来なら一人で充分できる範囲の小さなところなのですが、お友達にお願いして、ガッと収穫。でもまた雨に濡れなくてよかった。昨夜の強い雨だと倒れていただろうな。来年はもうちょっと先を見越して 収穫しないと、だな。ひとつづつ、ひとつづつ、やってわかることがあります。さて、田んぼ草取りの合間に、大豆の種まき(緑と黒は済んだ)と麦の脱穀。梅雨の間にびょほーんと伸びた畑の草取り。来週は忙しいな。

 

桑

今年は桑の実、大豊作。梅雨に入る前にたくさん採ったけど、まだまだ色づいてきてる。残念ながら、雨でぐにゃーにょーっと腐ってるのもあるけれど、まだまだとれるかも。ジャムにしても結構あったので、残りは桑酢に挑戦のつもりです。葉が元気な時に染色すると綺麗な黄色になるので、剪定したら、お茶と染めに使おうかな。

野いちご

野いちごマフィン

野いちごのじゃりじゃりした種が歯ですりつぶしたいのに、小さくてすりつぶせないのが気になるのですが、私だけかな。野いちごのジャムが余ったので、マフィン風にしてみたら、これが美味しかった。いつもの、薪ストーブ炉内残り熱オーブン。どれくらい熾オキを残したら熱くなりすぎないのか、なんとなくわかってきた。

もちはだか大麦

もち大麦6/4/2020

緑から紫になって、首がかっくん。ヒゲが長くてゲジゲジみたいです。畳4枚分ほどのほんのすこしだけど、私にとっては大きな収穫。手刈りして、掛け干ししています。特に手間とられず大きくなった麦を育てた、のではなく、育てられた私。がいることに、気づきました。もう少ししたら、小麦も収穫時期を迎えます。食べられて、また次のタネになる。今更ながら、すごいことです。

にょろり へび

ぐえー!鶏小屋が騒がしいので日中行ってみたら、長い蛇が卵丸呑み中。顎?にひっかかってる間にどうにかしようと思ったら卵吐き出した。あちらも生きるために必死だし、出来たら殺したくないと毎年思う。。で、今回も葛藤したものの、ほっておいたらまた来て、卵どころか、抱卵してる親鳥絞め殺したりするから、やっつけて、鶏にたべてもらおうと 武器、にみえた農具。笑! を持って 戦うも、 蛇って仕留めるのが難しー。にゅるーと狭いところに入って捕まえきれず。くそ!(殺すのいやだな、、と思っていた天使の私は昼寝中、悪魔の私がタバコをふかしている)次こそは。

→数日後、深夜2時。妙なむなさわぎで目が覚めて(普段はよほどじゃないと起きない熟睡度)へびきてる!とゆう直感で、鳥小屋見てみたら、やっぱり!今度こそ逃すまいと、口に懐中電灯加え格闘。蛇くん。昼間は逃げる姿勢なのに、深夜は自分の得意時間だからか、完全に向かってくる姿勢。お互い息を殺してスキをみはからい、息を深くするのは私も得意分野!枝切りバサミでねじ伏せました!ものすごい生命力でなかなかくたばらず小一時間格闘してようやく、、、。つぎのひ、一体どんくらい卵食べてんだろうと腹部何箇所か切ってみたら、3個丸呑み。後日他の烏骨鶏飼いさんから8個丸呑みされたとゆう談も。しかし、重くてでっかい青大将じゃった。

どくだみ

どくだみ6/3/2020

毎年、ドクダミの葉を干して、蓬やすぎな、ビワの葉 桑の葉などとブレンドして、お茶でいただきます。花が咲く頃が取り頃だそうで、最近うちのまわりではようやく白いかわいい花が咲き始めました。どくだみは 蚊やブトに刺された時にも大活躍。葉っぱを揉んですりこんでおきます。うちは冷蔵庫はないけれど、お隣のおばちゃんは冷蔵庫の脱臭にいいと摘んでいきます。ほかの人には草に見えても、私にとっては春から夏にかけてなくてはならない 生きている薬なのです。

取り方干し方、いろいろあるようですが、私なりにルールを決めていて、薬草を採らせてもらう時間は朝露がある時間帯にして、洗わないで、ちょっと天日、それから 基本影干しして、ゆっくり乾かします。摘むところは新芽付近、で、数日たって出てきた新芽を摘みます。

洗わないのは、自然の菌をそのままつけていたいから、なので、朝露で洗われた時間なのです。朝露が葉についている小さな草たちは、とても美しく、太陽の力をいっぱいあびてさぁ、伸びるぞとゆうパワーがすごいです。

少しづつ摘んで乾かして、1年間味わいます。

 

雉の卵

雉の卵2020

なんでもお下がりが回ってくる家なのですが、今回のいただきものはちょっとおもしろい。なんと雉であろう卵。知ってる、と言っても2回ほど会ったことある、うちに烏骨鶏がいることを知っているおじちゃんが、山で多分、雉の卵、とやらを見つけたので、あんたんとこの烏骨鶏に抱かせてみない、と持ってきた。その数14個。しばらく烏骨鶏に抱卵させてなかったのだけれど。獣に襲われたりして、メスが少なくなたので、今回は多めに抱卵してもらいたいと思っていたところ、、14個も卵がきてもーた。きてしまったものはしょうがない。抱卵している子の下に入れてみたものの、卵、はみ出る。いかん、これでは雉ばっかり孵る可能性もあるし、冷たくなったりうまくあたためられず、どれも孵らない可能性もなきにしもあらず。烏骨鶏は21日、 雉は23–25日の温めで雛になるらしい。

ひとまず、どうなることやら。田植えと麦刈り、畑の草とりに梅がそろそろ、よもぎオイルもつくりたいし、コロナニートでのんびりしてたのに、6月からヨガも始まるし、もちゃもちゃ考える余裕がない。もう烏骨鶏にお任せだ。

なるようになるだろう。

雉がもし孵ったらたら、どうしよう。先のことはさきに 考えるか。

いや、そんなことでは先に困るのではなかろうか、、。でも、庭に雉がうろちょろしてるんなんて、素敵だよなぁ。でも山に返すほうがいいだろうなぁ。あーもちゃもちゃ、頭の隅っこにずっと、もちゃもちゃ、、もちゃもちゃ。。。。雉の卵でもないかもしれないし、、。もちゃもちゃ。

オセロの天日干し

オセロ天日干し

数日前、オセロが天日干しされていました。これは爪の半分ほどの大きさの駒で、ミニチュアオセロ。それにしても、よくもまぁ、綺麗に干したもんだ。お?!1個間違い探しがあるね。おそらく子供2人で干したと思われる。そして夕方には取り込まれて片付けられていました。ねぇねぇ、のんちゃん、これどうすんの、と呼び止められることは、自分で考えんかい!、とか言いますが、そっと勝手に考えてやっている、こんなちょっとしたことが愉快です。

my ishiusu

 

my ishiusu

ふふ。ほほ。へへへ。見るたびにニヤける石臼くん。

電動石臼借りて 使ってみていたんだけど、どうやら、私は電動じゃない方が良さそうだとゆうことわかって(だいたい電化製品はありえないくらすぐ壊れてしまうし..)使っているうちに、サイズもこれくらいのかな?絞れてきた。「自分1人で持ち運び動かせて、日常に使える石臼」とゆうのが私が欲しいもの。とゆうことが、借りてみて、実際に使ってみてわかったので、それを探すも、なかなかこれ!と思うのがなくて、京都で石臼を何ヶ月かで自作するとゆうお店を見つけて、通おうかとも思っていたが、かれこれ、探し始めて1年ほど、、。やっとこれがいいかも。な石臼くんがありました。

重さ20キロちょっとで、すいすい動かせて、上下とも丸洗いも可。

早速挽いてみたら、問題なしの粉具合になって、石臼回す時間がたのしみたのしみ。珈琲の焙煎と同様に、くるくるしていたら、心地よい眠気がくるのは、ゆっくり回して、ゆっくりした音とゆっくりした呼吸になるからかな。体の真ん中も整えつつ、脳内も穏やかに。そして粉挽きまでと、ありがたい道具にまた恵まれました。

小麦のこと

まみパンへの道のりは遠い

こんなパンが焼きたい。夢ばかり膨らむけれど、すぐ近くに焼いてくれる人がいるので、自分に甘えて、パンを作る。のパの字も自分で作ろうとしなくなってしまっている私。いかんね。へっぽこでも、やってないと、いざ出陣(どこへ…)はできない。

あるブログで、小麦粉のグルテンについて書かれていました。グルテンフリーグルテンフリーゆうてる人がおりますが、健康思考の方に多くいる?私はそうかなぁと思うところ。あまりにタンパクが多い外国産の小麦は わかるんですが、小麦粉全てに罪を被せんでいんじゃないかと。日本はうどんやダゴ、お好み焼きに回転焼きなどの文化もあるわけで、昔からある食材ですからね。たとえ国産でも、遺伝子組み替えされていない小麦粉はほとんどないにせよ、です。そのブログには、小麦粉が機械の発達とともに、食感重視になって、あまりにも細かく粉砕できるようになりすぎたことで、小麦特有の油や水を吸い上げる吸収率まで上がってしまったゆえに、腸に負担がかかってしまっている、とゆう記事。

これを読んで腑に落ちた私。なるほど。たしかに、石臼で実際挽いていると、そこまで細かくするには、根気もいるけれど、それ以上、には細かくできないのです。でも、食べてみると風味があって、少々荒くても、よく噛んで(これも大事なことかも)そんなもんだと食べられる範囲。

となると、やはり小麦は栽培して、石臼で挽くべし。とゆうところに再着地したわけです。

勿論、自家用だからこそできる量と手間、その質を保てるのだけれど。

とゆうことで。随分悩んで探していた自分の身の丈にあう[石臼]が見つかりました!

つづく

薪ストーブ炉内オーブン

薪ストーブ内で米粉マフィン

薪ストーブの中であーでもないこーでもないの実験。米粉マフィン。オーブン付きのストーブもあるけれど、うちのはただのストーブ。だけれど、炉内は少しの薪でオーブン化。微妙な火加減と熾加減。あれやこれや考えてると脳内活性化。冬はぼうぼう燃やして、暖をとりつつストーブの上がオーブン。夏は少し燃やして炉内がオーブン。薪ストーブ様。油を塗ってメンテナンスしてあげました。そしたら黒光りして格好がよくなりました。なんでもメンテナンスは必要だな。