時間を貯蓄する

|モモ|を読みました。時間を奪われた、とゆうより、自分で選択して時間を失っている人間とそこに心を動かされない少女の物語なのですが、18歳の時、クラスメイトに面白いからとおすすめされて以来、読みたいなぁと思い続けて23年も経ってしまっている、その時間の経過が、まさにこの本が現実にありうることを思いつつ、今の機会に読めたことはとっても大きな気づきとともに、もやーっと言葉にも頭にも考えていなかったけれど、感覚的に理解し始めていたことを、ちゃんと整理することになりました。

|お金|の貯蓄ではなく|時間|の貯蓄について考えます。

現世界でほとんどの人が時間を費やしていること、睡眠の他に、きっとお仕事。だと思うのですが、それはなぜなのでしょう。いろいろな目的があるとは思いますが、大半はお金のため暮らすためだと思うのですが、目的がどうであれ、お金を稼ぐことも、そこに時間を費やすことも悪いことではなく、その使い道。が、働いて時間を費やしたことが、時間を消費したのか、それとも時間をさらに貯蓄したのか。に変わるのだなと考えました。

|時間の貯蓄|といってもみえないので、言葉を変えてみると。

例えば、農家さん。は時間を費やして食べ物を作って、お金にも変えつつ、今日の明日の、もしくはいつかの自分の食料:原料も作っているので、いつかの食料分の時間貯蓄をしたことになります。

昔の暮らしが全てではないのですが、昔は毎日費やしていた時間はまたいつかに使えるものとなる食べ物が便になり肥料になり土になりまた食物へ、薪に灰になり土になり、結局いつかは巡り巡って還ってくる、いわゆる循環の中で、時間を使いながらも時間も貯蓄しているような感じに受け取れました。

一方、今の暮らしは毎日費やしている時間をお金に変えて、そのお金の返還されたものは、ほとんどが消費してなくなってしまうもの、もしくはまだあってもすぐに代替えされてしまうもの。になるので、結果、時間を消費しっぱなし。になるので、時間がいつも足りない状態。

我が家はガソリン以外の化石燃料はできるだけ使わず、基本は薪で暮らしていているので、5歳の息子は、薪集め、薪割り、そして、薪で熱にする手間暇、もちろんそれより大きな楽しみがあることも理解しているようで、たまに使うガスを|セコセコガス|と呼びます。最初、セコセコ?と意味がわからなかったのでセコセコって何?と聞くと|セコセコってせこいってこと。お金では買わないといけないけど、使いたい時に直接的には体を使わず、ラクして使えるってゆう意味でセコセコやん|と。なるほど。

うちでは、上のように、労力で時間とお金を貯蓄していて、楽したい時はお金を使ってガスにすると労力時間は減り、時間の貯蓄を増やします。

|time is money 時は金なり|

って時間はお金ほど大切だよ。とゆう意味解釈していましたが、実は少しちがっていてhe is jony 彼はジョニーだ。ジョニーは彼のことだし、彼はジョニーで、彼でもありジョニーでもある。

お金は見えて、時間は見えないので、時間を貯蓄しているかどうかは自分自身の感覚であり、暮らしの中での自分の選択によって増やすことも減らすことも、可能ってわけです。

時間の貯蓄。過ぎていくから浪費でもなくて、過ぎて行かなくても貯蓄ではないとゆう

まるで迷路の中をぐるぐる回っているように本を読んでいましたが、読み終えるとちゃんとその迷路の道がはっきり見えるようになって、なんだ。複雑じゃなかったんだ。迷路に入ったと思い込んでいる自分が右左に回り道をさせていただけで、まっすぐ行けば出口だったんだ、とゆうような気持ちで23年分の時間を貯蓄しました。

1回目の糀は、うーーん。いまいち。で、反省点をふまえて先週2回目↑は、むむ。随分いい感じになってきました。今週末またまた糀づくりに挑戦です。納得いくまで今年は糀を作り続けます。いまいちだった1回目の糀は塩糀や甘酒に、2回目のは、味噌に仕込みました。こどもたちが、っもはーっとなった米の塊をみて、糀ってカビなんや!と驚いておりました。腐敗か発酵か。生と死のように全く同じ世界感なのですね。

01302021|41

先日、娘あもの同級生の女の子に手作りクッキーもらいました。娘の友達から誕生日プレゼントに手作りクッキーをもらう日が来るとは。お菓子屋さんだから、料理屋さんだから、ってみんながプロじゃないんだよね。心は立派にプロ、味もしっかりパティシエ!お菓子の神様宿ってる!クッキーでした。思いがけず嬉しかったな。娘のあももレアチーズケーキを作ってくれましたが、こちらは普段やらないことをしているので、まんまと失敗。うまく固まらなかったのでパフェレアチーズケーキになりましたが、こちらも濃厚美味でした。失敗はしたけど、1人でせっせとやっていたし、熱源は全部薪ストーブで工夫していたし、冷蔵庫の代わりに外の氷の中にうまいこと冷やしていたし、後片付けも珍しくばっちりで、感心しました。2人の女子を保育園の頃から見ていますが、体も心も成長甚だしいこの頃。結構楽しみだったりしています、今度、嬉しかったオバはんは、2人をドキドキワクワクするようなおしゃれなカフェにでも連れて行ってやろうと思います。

麹づくり|2021

今日から麹づくり。自分たちで育てたササニシキを麹にできること。それだけでもう充分な幸せ度です。何年か前から細々やってみてはいるものの、まだまだうまく作れないかもしれないけれど、とにかく始めてみる。やらないとできるようにはならないから、やってみる。それでも、去年初めて自分で作った麹と自分で育てた大豆でお味噌を作りましたが、とっても美味しいのです。麹づくり。冬の大切なお仕事です。籾から剥がして玄米に、玄米から白米に。そして蒸して麹つけて、、その時に出る籾も糠も全部、また循環の中に返してあげられる喜び。誰にあげるわけでも、売るわけでもないので、ただ、お米と向き合うだけ。これから3日ほど、麹のお世話係おばさんです。

先日、ササニシキの玄米を浸水し、乾かして、石臼でゴリゴリして玄米粉も作ったので、クッキーにしてみたり、ケーキにしてみたり、どんなふうにしたら美味しいんだろうと、麹作りの合間に遊んでいるのですが、いや、美味しさも求めているけれど、エネルギー?パワー?がやっぱり買ったものとはまるで違うので、原料から自家製とゆうのは、美味しいとか、まずいとかではないのです。それを言い換えると自己満足とも言います。

麹菌と自家製のお米と川嵜家菌のトリプル相乗効果ですごい力みなぎる麹ができますように。

タイプライター

2年前に古いもの好きゆえリサイクルショップで見かけてスルーできなかったタイプライター。買っては来たものの、インクテープのことも問い合わせたものの、しばらく放置していたのだけど、使わなくちゃこの子、死んじゃうわ、と急に思って、テープ取り寄せ、がちんがちん。と作業しました。何を、、まさかの滅多に配ることのない名刺を作ってみました。前の名刺は自分で紙を漉いて!作ったんだけど荒くて字が書きづらかったので|それはそれでとっても気に入っているけれど|今回は市販の紙にタイプライターー。いい塩梅です。そんなこんなで、タイプライターと近所の納屋片付け手伝った時にいただいていた、こちらも昭和な切断器で、アナログ作業しているもんですから、Instagram。今更..今頃..なのですが、お友達のお店のことを見るためだけに登録していたのだけど,なんの投稿もないのに、フォロワーなる方が私にいることに驚いて|かなり放置していた様子|ちょっとやってみることにしたわけです。アナログな事してますから、Instagram、ちっとも使いこなせず。よくわからないので、変にコメントとか、いいね、とか、やり方がわかんないわけです。流れてくる情報に弱いのであんまりみないし..多めにみてください。わざとではありません。どうやって誰かにお知らせするのかもわからず。https://www.instagram.com/une_sukima/

おてあてのこと

|おてあて|

|おてあて|と名付けて見切り発車している私なのですが、どうゆう思いで何をしているのか、を1ヶ月くらい考えてやっと文章にまとめられました。私にとっては、かもしれませんが、心で思っていることを文字にするって本当に難しくて、日々のブログのように、思ったことをつらつら吐き出していくのとはまた違っていて、簡単に、出来るだけわかりやすく、しかも何回読んでもそう思えるよう文字化する、とゆうのは、実に大変です。心なんてものは、いつもゆらゆらしているし、微妙なところでこうかな、でもああかなと思っていることもあるわけで、ずっとずっと考えて考えて書き直して、やっぱりそうだわ。と思えるまで、ひとまず。それでもまた読み直して更新していくのですが。必要な人に繋がることを願って。

柚餅子

時期遅れ、の柚餅子を今日作りました。皮に張がないおばちゃん柚子[私と一緒]の中身をくり抜いて味噌にお砂糖加えて柚子の中に詰め込んで、蒸して、紙に包んでしばらく熟成。今回は古味噌に黒糖のコクありバージョン。何年か前に作った以来のゆべし。むふ。できるかな。楽しみ。

3羽の鳥がポケットに

昨日の夕方、近所に住む愉快なおじさんが、オンくんの上着ポケットに、手のひらサイズの3羽の鳥を、左ポケットに1羽、右ポケットに2羽入れて帰って行きました。森の中に住むおじさんは、家の窓に当たって死んだ鳥を|どうやらよくそんなことがあるようでよく食べている様子|その日、美味しいから誰かにあげようと持ってきていたようです。焼き鳥屋さんもしているおじさんが、美味しいってゆうのだから、きっと美味しいんだろうと、ちゃんとさばいていただきました。あもさんも羽むしりから、ちゃんと解体まで。足も骨も小さく、食べるところはほんのちょっと。でしたが、味わい深く、命を丸っといただきました。今回は死んでいましたが、生きているところから、丸っと解体していくと、本当に愛おしい|肉|になります。スーパーで買ってきたのとは全く違う感情が生まれてきます|本当は同じ感情にならないといけないのでしょうが…|。骨の中の中まで吸い出して食べてやりたくなるほどです。それって動物的に欲している、持ち合わせている本能なのかもしれません。野生の鳥だと、カラスとスズメ、もいつか食べてみたい鳥であります。美味しいらしいです。それから、むしった羽が美しいのでひとまずおいています。子供たちは枕の中身にすればいいやん!と言っていましたが、同居している2匹の猫たちのうちどちらかの枕くらいにはなるのでしょうか。

雪化粧

今朝の雪景色はあまりにも美しく、結晶の重なりが素晴らしいハーモニーを奏でておりました。ロバートフロストさんの描く雪の世界の描写は、肌に刺さるような冷え、蒸気感も感じるような白い息、など、どれも静かな言葉で描かれているのですが、とても臨場感があって好きです。、今朝の景色はまさに、うちにある|白い森のなかで|とゆう絵本の中に入り込んだかと思うほどでした。|雪化粧|まさに。その言葉がしっくりな、そんな朝でした。

白銀世界

降り続く雪。20センチは積もってるかな。いつも真っ白に見える烏骨鶏たちがちょっと黄ばんでみえます。白銀の世界。

薪ストーブくん、ボーボー全力ですが外気が冷たすぎて隙間だらけのうちは家の中でもスースーして、そして若干の風も吹いていて!寒いです。久々だなぁ、この感じ。ここ数年はあたたかく水道すら凍ることもなかったので、そうだったそうだった、と思い出すことしばしば。子供たちは雪遊びして、帰ってきてストーブ前で遊んで、またでかけて、の繰り返しで楽しそうですが、私はじっとりとねっとりと、薪を外に取りに行く以外、ずっと家にこもっています。夏の濡れてもいいよな服、つまり水着で海に行くのと違って、できるだけ濡れないように、寒くないような服装で 濡れること間違いなしの雪で遊ぶ。とゆうのは、どうやら私には必要ないようで、できたら、外に行きたくないなぁと、今日気付きました。田畑仕事で汚れるのとかは全く嫌いじゃないのですが、なんだろうか、この気分の差は、、と雪世界を横目に、薪ストーブの番人しながら、ジャムを仕込みながら、ひたすら家の片付けをしています。

イレモノヤ

大きなタンスを置いていて見えないように囲っていた場所を、整理して大開放しました。

道具は大事に飾っておくより使いたいし、とっておきの日がたまに、より、毎日小分けにとっておきを感じたい。色々片付けていくと、便利でも使ってないもの、不便でも使うもの、ボロいけど好きなもの、新品でも好みじゃないもの、高校生の頃から集め始めた好きなもの。はこうやって眺めると骨董屋か籠屋か。とゆう感じなのでした。その昔、「イレモノヤ」がしたかったのですが、もう自分で完結していました。イレモノヤ、籠や服、器、家具などなど…。籠や器は家具イレモノ、ですが、服は人間を入れてくれているので、私にとってはイレモノのくくり。たった1畳分の開放ですが、随分広くなった気がします。

丑年ですよね 勿論そのつもりです

年賀状すら最近かかないズボラ、、と前回に書きましたが、お返事しました。で、丑年ですので、画伯に牛をよろしく。とお願いしたところ、↑このようなのが出来上がってきました。ちなみに左はメス。右がオス。らしい。絶妙なバランスとヘニョ具合。いいですね。2021年。いいこと起こると思います。この葉書に当選の方。

贈り物

年末、クリスマスごろだったか、、突然レターパックにこのお菓子の缶だけポツンとひとつ入って送られてきた贈り物。差出人を見たら、おかしいな、この人は絶対手紙も一緒に添えてくれるような人なのに、、とひとまずメールして見たら、え?手紙入ってなかった?と。後日、お菓子と一緒に来るはずだった手紙だけが郵便受けに堂々とした風格で入っていました。なんで送ってくれたの?と聞くと、元気かなと思って。贈り物って特別な時じゃない方が嬉しいもんです。といいつつ、年賀状ですら、最近は書いていない年々ズボラな私ですので、今年はちゃんと手紙を送る、贈ってくれたお菓子のような贈り物もしたいなと、嬉しかった気持ちを忘れないようにしたいと思いました。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。年末年始の雪で、小国も白銀の世界になり、私の住む山川はまだ雪が残って、肩をすくめ、うぅ〜寒い寒いと、いそいそと外に出て、薪をせっせと運ぶ日々です。テレビも見ないし、烏骨鶏ちゃんの見守りとしてお正月の集まりにも参加していないので、去年同様、何が年末で何が年始なの?とゆう自由っぷりで1人好きなことだけしてのびのびしております。足踏みミシンでリメイクしたり補修したり、機織りしたり、そして、小学生の頃に大好きだったばーちゃんに買ってもらった半纏。色がもう今の自分色じゃないので、なんかなぁと思いつつ、いつかいつかと数年放置。えい!今年こそ、何年分ものやりたいけど。。。を動かす年だ。と決意し、端切れパッチワークしております。半分完成。相当、かっこいいなぁと思っているのは、、自分だけ、とゆうのも気付いていますが、そこは自分軸。いいのです。もう半分も幸せいっぱいの気持ちでぬい縫いします。今年もいろんな何かに惑わされることなく、とにかく誰の軸でもなく自分の軸で平和に暮らしたいと思います。ヨガで、おてあてで、それから暮らしの中の何かを通して、本質に迫る出会いと交流が波紋になっていきますように。誰もが自分の治癒力で平和になる2021年でありますように。

餅は頑丈である

浄土真宗の宗祖、親鸞さんの命日、11月28日。のお飾りなのか、、お供えなのか、よくわかりませんが、、とにかく。餅をつきまくって、型抜きしまくって、餅タワー!!にするのを光徳寺|玖珠さんで、お手伝いさせてもらいました。餅って、固まるまで、柔らかくて繊細なものと思っていましたが、こんなに餅をひっちゃかめっちゃかに触ったのは、何はともあれ人生初。餅って頑強やないの!それに。餅は餅屋って誰が言ったんだい。お寺だけど、充分餅屋じゃないの!

まいまい号

動くおうちまいまい号。が、沖縄から今年も来てくれていました。

来てくれるだけで会えるだけで、幸せにできる人って、すごいなぁ。

これといった特別はありませんが、温泉つき峠の茶屋として、川嵜家にいつも寄ってくれるまいまい号。

おうちってなんだろう。ものってなんだろう。お金ってなんだろう。人脈ってなんだろう。なになにの、誰々の、どこどこの、何か。とか、こうしなくちゃいけない。から解放されていくとこんなに自由なのかーと毎度思いますが、、心が狭い私は、やっぱり私のもの。こうであるべき、こうでありたい。とゆう定義にはまってしまうわけであります。

来年も会えたらいいな。