そもそも自粛モード

おかし

自粛モードです。うそです。家が好きだから12月くらいからずっと家にいます。12月から買い物、何回いったっけ?スーパーに買い物行くの嫌いだから なんとかその辺の野草でまかなおうと うろうろします。菜の花、つくしを4歳児息子に教えて、今時期はノカンゾウ\フキ \わらび、もう少しで三つ葉\たけのこ\よもぎ\すぎな と散策すればいっぱいあるからね。それに最近は畑や庭まわりのすること多くて毎日やることはいっぱいです。ヨガもなくなって学校もないので、いままで以上に時間が管理しやすくなって、毎日ロケットストーブで調理してるので、脱ガス生活。今日 夕方、長女の友達が来て、ロケットストーブで米を炊いてたら、何してんの?なんで家のなかのガスでやんないの?って聞かれたので、こっちの方が 楽しいから。って答えたら、そうね。ってすぐ納得しました。そうよねー食うため、生きるために、それが本来 |本職|なんだから、そこが楽しくないと嫌よね。またいつか夜のヨガが始まるのは待ち遠しいのだけど、ロケットストーブや薪ストーブで調理してる時間がなくなるのはかなり嫌です。

自己満足お菓子。なくなったら 焼くのペースで 薪ストーブの上で焼いてます。

細長いの\酒粕ビスケット塩味うまい

四角のぽんより型\レーズンスコーン最近砂糖なしでつくるお菓子がすき

ほそっちょ三角\ココアとデーツとひまわりの種ショートブレッド  ザ、輸入もの 脱材料輸入したいけど たまのお菓子にはほしいときもあるある

 

出張します\この世もあの世も

コロナコロナコロナ/2020

コロナコロナコロナコロコロナコロナコロナコロナ。寝ても覚めても夢うつつでもコロナです。ネットをのぞくと多大な情報が混乱していて見ればみるほど混乱するばかり。国民の為にと立候補した よほどの頭のいい集団が政府にはいるんでしょう?なのに有力な情報も案も策もまだないの?よほどの阿呆じゃない限り、どうなるのだにっぽん。と思っている。誰かにどうにかしてもらう気持ちは捨てて、補償がどうとか誰のせいとか言ってるな場合じゃないし、天災と一緒で地球人みんなに誰に降ってくるかわからないもんなんだし、その時のための備えとして日々働いているんだし(お店が開いてなければ行くことができなければお金なんて持っててもしょうがないけれど)、そんな時のために健康でいるために 日々食べてるんだし、家族の命が大切だから働いてるんだし、2週間後には必ずヨーロッパのようになるのがもうわかってるんだから、準備しなくちゃね。。カップラーメンとか菓子パンとか免疫が落ちるようなものは備蓄しないでちゃんと心体と魂に届くものを備蓄して食べましょう。胸を開いて呼吸をしっかりして血と氣をちゃんと流しましょう。コロナに共鳴しない自分の魂を強く持ちましょう。マスクもうがいも手洗いも子供だましってもういい加減気づきましょうよ。あちらはもっと上手ですから。食べてるものが本物かどうかもう気づきましょうよ。カタカナ表記の添加物まみれで、その風味、形をしているだけの、ほとんど命が宿ってないもの食べ続けてきたんだから、もう人間に強い命が宿ってないのも気づきましょうよ。だからコロナに喰われてる。見直していくチャンスでもあり、何が大切なのか気づく時でしょう?!

私自身も葛藤しています。ヨガとゆう最高の魂レベルをあげる教えを伝道する立場にいながら なにができるかわからないからです。集まることでもし感染したら意味もないわけで。ヨガは勿論効果的だと思います。今したのはリフレッシュにはなると思いますがすぐに強い体にも魂にもなりません。だけれど思考の変換のキッカケにはなるのかな。大事なのは、続けていること それからそれを信じていること、 それからもっと大事なのは日々の食事、それからちゃんと宇宙や土、空気、森、生きとし生けるものと共鳴しているか、だからです。

そんなこと書いても     へ?    ぽっかーん。だろうと思いますが、物質的な利便性で判断していた頭の中を一旦リセットして 宇宙の循環の中に生きている、生かされている私になりましょう。私もそうなりたいと日々願っています。

できるだけ多くの方が無事でいられるように。

みんなが自分のまわりの大切な人に感染しないように気をつければすむことだからね。

もし私が必要だ、と思った人のところへは 私は行きたいと思います。

それはこの世、なのか あの世なのか。

 

ロケットストーブ

ロケットストーブ処作

ロケットストーブ(少しの燃料で火力を最大限に使えるストーブ)

今更のように、作ってみた。とゆうのも、よくみるのは大きくてなんだか見た目もすきじゃなかった、のだけれど、友人が持ち運びができるサイズを作っていて、大げさでなくていいなと思ったので、善は急げで一斗缶と煙突とバーミキュライト(小さな石)で作ってみる。早速お昼のチャーハンも夜のごはん炊きもこの子が大活躍。ヤーコンの大きな茎や竹を掃除するかたわら燃やして燃料になるなんて、今更だけどロケットストーブいいわ。一度作ると、身の回りのいろんなものが ストーブに改造できる気がして、世の中がまた面白くみえるようになった。コロナでわけわからず買い占めるよりこれ作っておく方がいんじゃなかろうか。

あおさくん/その後

あおさくん

立ったままごはんが食べられるようになり、少しだけど、歩けるようになった。元の暮らしまでもうひといき。一生懸命歩こう進もうとよたよたしながらリハビリ中。鳥を絞める時に思ったこと、命の力は圧倒的であり、生命力のすごさに圧力がかかるほど。人間と違って自力で治っていく病気の鳥といても重たい空気はない。常に前に進む強い力があるだけ。

養生中 あおさくん

あおさくん/養生2020

前日までなんともなかった1羽の若いオスのあおさくんが 急に首をケガしたのかなとゆうような立てないほどぐったりだったので、 家の中の薪ストーブ横で養生中です。あー、もう今日でダメかもと思うほど弱っていたけれど、ちょっとづつ回復してその場では立てるようになって、コケコッコーとも鳴けなかったけれど、昨日くらいから声もでるように、目の前においてあげたら ごはんも自分で食べられるように。脚がちょっと不随気味で、さて。このまま介護がいる状態のままになったらどうするべきなのか、考えます。

にしても不思議です。生きたものをの首を絞める私が、病気になった鳥を介護しているなんて、なんて矛盾しているのだ、と思います。

至福のお茶時間

自己満足きな粉玄米餅&珈琲

先日、ついに念願の 自家製もち米の玄米餅に自家製大豆で作ったきな粉をまぶし、自分で焙煎した珈琲でお茶しました。ついでに下の薄茶の生地は 玉ねぎ染の最後の煮汁で染めたもの。自己満足度 が高いだけで、美味しいとかは 誰にでもあてはまらないけれど、それはそれは至福でした。

つくし

つくし/2020

つくしを子供達が取ってきてくれて、しかも面倒なハカマもちゃんと取ってきてくれて献上してくれます。(この写真は4歳の息子 初つくし採取。このふさふさは取って食べると美味しいよ、とゆうと 次から取ってくるようになりました)佃煮にして土の力を波動をいただいております。この後は 愛しのすぎなちゃん。今度はお茶用に乾燥させて いただきます。

つん|ぴりり

葉わさび/2020

葉わさびの つん。ぴりり。つん。ぴりり。は癖になります。うちの敷地、、ではなく、お向かいの滅多に来ない別荘(勝手によくうろっとしてるので庭ともゆう)よそのおたくの裏山土手に わさびを発見した時の嬉しさといったら。葉わさび、 ごはん、ごはん、ごはん、葉わさび、ごはん、ごはん、、エンドレスおかわりになります。日陰のしんめり したところでよくこんなに鮮やかな色を発色するな。明後日、海にひじきとケソを採りにいく予定で、出来立てごはんに 採れたてケソ丼にしようと 友人と話していて、葉わさびも持っていったら絶品なんじゃ、、と唾液をだして想像しています。

 

蟹穴づくり名人

米炊き

ここ数日、夜ご飯の飯炊きは外で焚き火をして炊いてもらっています。小学4年と4歳児が日中に散歩して、その辺や山に入って、焚き付けに必要な枝、葉っぱ集め。夕方に火付けから任せて、堂々と毎日火遊び。ちょっとづつ慣れてきて、きょうは最後の火を利用して、花炭まで作っていました。感心。感心。ガス火はいつも安定してますが、直火でうまく火を使うのは結構大変です。そもそも、火付けもコツがいるし、ちゃんと 感がなくちゃ、考えなくちゃ できないことがたくさんあります。電気ぽちっでできる炊飯器があるので、大人の方も火を起こして、土鍋でも鉄鍋でも鍋でも 羽釜でもなんでもいいです、それでお米が炊ける方は、そんなにいないかもしれません。目指せ。蟹穴づくり名人!

蜂から考える

王蟲

先日、そうまさに烏骨鶏を食べましたの日です。血抜きしている間にちょっと時間があるので、畑のお手入れをしようとその横にある蜂箱にも穏くんと話しかけていたら、いつものように いつもと同じように見ていただけ。だった、のに、ふわっ!と何匹か浮いた。え?と思った次の瞬間。突如、何匹かに攻撃されて、穏くん、顔と頭を1箇所づつ、私は顔面6箇所くらい刺されまして、少し腫れて 軽いお岩さんから 復活してきた昨日くらいからまだ毒が残っているのか、今度は浅ーく腫れて痒みが。顔面痣の人で、なんだかちりちり。

腫れたのも、ちりちりもまーいんですが、いや、どーでもよくて、なぜに、刺したら死んじゃうミツバチが何にもしていない者に突如攻撃してきてのか、鳥を絞めたから??が気になって、ショックで、刺された後、精神的ショックが大きくて、体温が急低下。心と体の繋がりを感じたと共に、それほど、自分が思っている以上にショックなことだったのかと。分蜂前で気が立っているのかなとか気になって、福8堂/拓ちゃんに最近なんだか蜂はおかしいことはないかと 聞いたところ、すべてに当てはまる何か。はないにしても、ずーーっとおかしな事が起こってるから、今後何が起きてもおかしくないと思う。とゆう回答が。

この冬暖かさも異常だし、永いながーーーーい歴史の中でゆうと温暖化ではないのかもしれないけれど、(10年後にはサイクル的にはプチ氷河期らしいし)うむむ。ちょっと身をもって怖いとゆうか、そんな風に感じました。

 

私たち人間を取って食う者がいなくて、ピラミッドの頂点にいるとゆうか、ピラミッドにはいないものとして すべての命を管理していると思っている類の人類、好き放題してきた類ですが、自然を都合いいように、使い 使い捨て、生き物を殺し、自分都合にしてきた。そんなツケがきていて、まさか小さな昆虫に殺されまい!と思っていた意識を覆されるとゆうか、間接的には アフリカのバッタがいっぱいで食糧難に、大量の蜂が向かってきたら、多分死ぬし、肉食の小動物が何匹かで夜道きたら、多分、噛み殺されてしまう。コロナだって 菌の意思があるとしたら。

まるで風の谷のナウシカの話のようです。

そんな内容を友人とありえるかもしれない。

と真剣に話しました。

宇宙空間のすべての環境に生かしてもらっている。それが答えであり、植物も動物も水も空気もすべてが そこにしかないこと。そこの一員であることを再認識しないことには、多分 その日がもうすぐそこ。なんだと思うなぁ。

おしらせ

おかっぱビスケッツちゃん

今さら ら、ら、ら、ライン。久保田利伸さんしかイメージできない未だ昭和な私が、始めてみましたが、どうやってお友達になるの?わかりません。散々悩んで今更、なんですが、もう携帯を持ちたくないので、いつもネット環境になくて、自分の都合いい時だけスイッチオンのiPadのみでやるために ら、ら、らライン。のんちゃんでやってますので、やりかたいまいちわからないので、探してー。ラインやってない人は、やってる人もgmailの方が本当は嬉しいです。

烏骨鶏を食べました

烏骨鶏を絞めた2回目

人生で2回目。庭で飼っている烏骨鶏を絞める。1回目 〈烏骨鶏を殺めた私〉はうまくできるかどうかも よくわからなかったので、1人で誰にも言わず、実行しましたが、2回目の昨日はコロナ休みのあもさんも参加させました。

吊るして、 首切って、 血抜きして、羽むしって、解体

前回は気が気じゃなく調理したので、今回はちゃんと部位を確認して あもと穏と 見ながら これが胸だ!これがささみ!これが手羽先と手羽元、とゆう風に。

これは何? かったいなー。切ってみよう。うわ!中にいっぱい詰まってる。ご飯と石がいっぱい詰まってる(結構びっくりな量の石を食べていること大発見)とゆうことは胃なんじゃない?これは2つあるから肺だね。。とかとか。

むねとささみは 贅沢にフライに。胴体の骨まわりと脚と手羽は出汁に、皮は揚げて、ももは丸ごと焼く予定、内臓は焼き鳥風に。

1ヶ月に1度も買って食べない動物の肉を、さばいていただく。

ちゃんと見て ちゃんと受け入れていただいた命はそれはそれはご馳走。

そして、命を途絶えさせるごとに、栄養は取れても、ものすごくエネルギーを消耗し、きっと私自身の命は短くなってると感じます。先進国の人類が永くいきられるようになってきたのは、そうゆうことも関係してるんじゃないかとも 感覚的に思うのだけれど。

春爛漫

春爛漫/2020

こんにちは。コロナで職を失っているニートです。が、娘がその辺遊びに行って食材調達してきてくれるので、むしろ豊かな川嵜家の食卓です。マスクとトイレットペーパー買い占める前にもっとやれるべきことがあるのではないでしょうか。うちはインドでも暮らしていたので、トイレットペーパーなくても まったく困りませんが。。(むしろトイレに壁さえあれば、ありがとう!です)でも今まで、捨てるために作られているトイレットペーパーを使うのがいやだったので(ゴミ袋の存在も嫌)、これを機に、ボロ布に替えました。トイレットペーパーも置くけど、できるときは布を使って洗う。オムツもそうしていたのだからね。いい意味で、 コロナさんのお陰で天秤にかけて削ぎ落とされていく暮らしがあります。自然も時間も、使い方によっては永遠にあり、使い方によっては短命であることを 感じます。

stone circle garden

Stone circle /Kitchen garden

おーい。もうそろそろなんじゃない?と畑から聞こえていたものの、あんまりにも冬感がなかった今年で。もうちょっと、冬を味わせてとばかりに、先延ばしにしていた畑仕事をやっと、今日。ご挨拶。土にふれるって、やっぱり気持ちがいいなぁ。我が家の畑はストーンサークル。烏骨鶏が万が一入っても、畝だてが大変にならないように、だんだんこの形になっていったのです。緑がいっぱいになって、実ってきたら、畑とゆうよりガーデンになって、かわいいのです。どこに何を撒くか、植えるか、そんなことを考えているとアドレナリンがブハッと出て楽しいです。田んぼの季節もすぐそこ。わくわくする季節です。

ぬか床\2020

ぬか床\2020

ぬか床にまた挑戦。夏を超えて秋になって、なんだか、もういいや、と思って、全部鶏にあげてしまった。のだけど、新しいぬか床とのお付き合いをまたしたくなって、毎日精米してでる(といっても、ほぼ2分づきで食べるので、ちょっとづつしかでない)糠を地道に集めて、昆布に椎茸、塩に鰹節、唐辛子を入れて、だいたいでまぜまぜ。毎日かき混ぜてます。そもそも、ぬか漬けなんて、ほとんど食べた事がない私で、これって本当の味なのか?ってゆうのがわからなかった、とゆうのも続けられなかった理由の1つだったのだけど、ある御宅のぬか漬けを食べた時に、随分個性的なんだけど、美味しい味で、あ。なーんだ。ぬか漬けってこんなに家によって幅があるものなんだ。思ったのです。時間をきっちり測る、量もきっちり、とか、私はひじょーに苦手です。なので、こんな、カンジ。とゆうニュアンスでできるならば、糠も野菜も手に入るものだし、やりたいなと。プチトマトのぬか漬け(が、美味しいと聞いたことがあるので)、今年こそは、自家製トマトに自家製ぬか床でぜひ挑戦したい1項目です。

籾殻燻炭を薪ストーブ内で作る

くんせい

先日の花炭→ づくりをヒントに、薪ストーブの中で燻炭が作れないかと、実験中です。

今の所、結構綺麗にできているのだけど、、煙突にヤニが多くなったとか、で、果たして、これが原因かも定かじゃない、ので、しばらくやってみようかと思います。

炭を作る時、缶の隙間からガスがでて、燃えます、そして、白い煙もでます。その両方がなくなったらほぼ完成のサイン。

ちまちま小さい缶でも、ひまひまにできるなら、冬の仕事にもなっていいし、籾殻は燃料には頼りないけれど、小さな炭もできているので、燃料燃やしながら、燃料を作るとゆう!私的には世紀の大発見なんだけどなぁ。

 

缶をご提供、おば産業 協賛の光徳寺さま!ありがとうございます。あのかわいい缶も火の中に入れたら、あっちゅーまに塗装が溶けてレトロ缶になりました。それもまたよし。

おつかれさま

 

あられ/爆睡

大の字で眠る。とはこの方のこと。いつも薪ストーブの横の1番えーとこで、眠ってるんやけど、こそこそ噂しても、ちょっと動かしても、ちっとも起きなかった昨夜。ネズミも捕まえてたし、その前の日は大きな鳥も捕まえてたしな。相当お疲れだったんやな。。あられさん、おつかれさま。忙しくても猫の手は借せないよ。

KM800

東京織り機/KM800

先々週の世紀の大救出からちゃんと置き場を作って。

KM800。我が家にながれついた織り機。

super mini KM800てゆう名前なんだけど、全然スーパーミニじゃない。調べたら御値段スーパーだったけれど。何屋になるんだろう、私は。

自分菌を信じる

cーv

コロナウイルス。うわさを聞くと怖いものではあるけれど、菌によって生かされてる私たちだから、自分菌が強ければ大丈夫。と信じてる。いい菌もちょっと悪い菌も含めての自分菌。昨日食べたもの、今日食べたもの、ずっと前食べたもので自分菌は強くも弱くもなる。抗生物質でやっつけた病気の菌の代償に自分菌も減っているのだよ。栄養をと思って食べている添加物で自分菌が減っているのだよ。それって本当にいいのかな。本来なら圧倒的な自分菌がいるからひとつのウイルスなんて、へっちゃぴのはずなんだ。今こそ、自分菌を増やす生活をする時がきたのだ。

みんなで集まってするヨガの時間は全部なくしたけれど、それぞれができるヨガの形がある。

いつもやっていることの積み重ねが今の自分、これからの自分になる。それって本当?を問いただす時。

たくさん胸椎を動かして、深い呼吸をしよう。

木やタンパク質が好きだったかもしれない菌が、突然変異、もしくは進化して、プラスチックや、もしかしたら、ユニクロのヒートテックが大好物かもしれない。戦うのではなく、うまく共存しつつ、負けない体/自分菌を作るのだ。

負けてしまっても、本来ならば、やはり菌が我らを分解して土に還してくれるのだから

 

絵本はみんなの本

絵本も哲学いっぱい

友人が天職は廃品回収業だと言いますが、ここ数週間内に捨てられる前に救出したもの、大きな木樽に木箱、レトロな瓶もろもろに、織り機5台、本、、何冊?保育園を経営ですか?と聞かれましたが、、いえ、普通の家です。他にも山のようにあった書籍がただゴミ捨て場に持っていかれました。もっと時間があればもっとたくさん救出できたのに、、悔しい想いがが、またフツフツと。

本は子供だけのものじゃないのです。大人が読んでも、充分おもしろい哲学があって、夢もあって、わくわくもあって、想像力にも響くものがある。自己啓発本とか、部屋を片付けるためには、対人とうまくコミュニケーションとるには、、とか読まないで、絵本を読めばいんじゃないかと 、、私は思うのですが。

いつか絵本を読みながら珈琲飲む大人と、遊びながら絵本を読む子供、みんなが好き好きに野外でのびーっとできる場所を開放できたらいいな。

電子の時代だからこそ、リアルに目の前にある書物っていいと思うんだけどなぁ。