梅を干す

やっと今年の梅を干、ほし。25キロ漬けたので順番に日干し。梅のなった量に対して赤紫蘇が育った量が少なくて、山吹色の梅干しになるけれど、ま、あるものでこれだけ楽しめ、しかも数年先まで梅干しが食べられるのだから、なんとありがたいことであろう。

藍の生葉染

数年前の映画「アバター」ってこんな色だったような。お友達が自分では刈りきれない藍があるからと連絡くれて、もくもく刈らせてもらいました。少しだけ生葉染めしたら、見事に手もアバターカラーに染まりました。草木染めは匂いもいいし、なんとて、やっているとき気持ちいい。生葉の藍染はいわゆる藍染の濃紺より浅葱色で、それはそれでとても綺麗です。さて、すくも。刈ったはいいけれど、ずっと雨曇り予報。。乾燥できるのかな。うまく乾燥できれば、すくも作りへ。

今年もハヤトウリ

種つぎしているハヤトウリ。実寸1㎝ほどの実先になんともかわいい花がちょこんと。先日、iPadにも使えるマイクロカメラ!なるものの存在を知って、数年ぶりの機械系?を即買い。(買ったとゆうのは嘘で、1500円ほどの楽天ポイントで実質無料だったのです) お花の軸部分、植物の毛、朝露…肉眼で見えるのに、カメラでぼやけて、日常の美しさは到底、ブログに納めきれない。と思っていたので、とてもいいお買い物をしました。大好きなハヤトウリ。鈴なり期待したいです。これを間違いなく、花より団子とゆうのでしょう。

出穂|2021

感動の昨日。ササニシキ出穂!毎年の感動。出穂後に雨が多いのも心配だけど、ここまできたら、本当に見守るだけ。今年も育苗からドラマがあったし、結局ご近所さんに分けてもらった苗も多いんだけど、それでも毎年1回しかない稲仕事に関われることで、土のことや、環境、水、農薬のこと、いろいろ考え巡らせています。全く肥料も農薬も使わない農法で田んぼに関わることが目標の私たちが、草取りで田んぼにぬちゃーべとーっと地に足つけることで、感じること。それらが全て自分の感覚になって次の年につながること。来年こそは全て自苗の1本植え!出穂した稲たち。強くたくましく、美味しく熟しておくれー。

うさぎを食すなめす

先日、夜に車を走らせていたら、避ける間も無く小動物が車下へ。今まで何度か危ういことはあったものの、今回は絶対ひいてしまった、、と、確信して、すぐさまuターンしてみたら、小さな灰色のうさぎだった。お腹が裂けてしまって即死だったと思う。ひいてしまったものはもう戻れないので、そのまま持って帰って解体して、食べてみたら、うさぎって淡白で美味しいのね。烏骨鶏ほどは出汁は出ないけれど、脂身がほとんどなくて、サイズも食べきりサイズで、癖もそれほどなく。なにより、自力で地に生きる生き物のエネルギーは本当に強い。スーパーでお肉も魚も滅多に買わない、、(烏骨鶏を自分で解体するようになってなおさら)簡単に買えなくなってしまったからこそ、真っ当な命を無駄なくいただきたい、し、その先の亡骸は土へ戻すことこそが、本来に還る道だと思う。さて、皮。は裂けてしまったり、破けてしまったりで穴もあるけど、せっかくなので、皮をなめしてみることにして、ただいま、明礬と塩につけています。さて、どうなるやら。今回ひいちゃったので、持ち帰ったけれど、ぶつかった無残な動物が田舎道にはよく死んでいます。ぶつかったのが、わからなかった、、なんて絶対あり得ないと思うので、せめて道の脇に移動させてあげて欲しい、いつも思っています。何度も引かれて内臓がぐちゃぐちゃになってしまって動かすのは大変だし、可愛そうすぎます。動かせる時は、通りがかった時、動かすけれど、人を引いたら人生が変わっちゃうような事態なのに、動物は知らんふり、なかった命になるなんて悲しすぎます。文明が生み出した便利なもの。人以外には凶暴な巨大なもの。でしかない車。その比率は圧倒的に人間以外。無い方がいいのに。の想いの方が多いはずです。。。いろいろ葛藤な時間でした。

季節の酵母実験

酵母実験を私と子供2人で繰り広げておりますが、今回は、あも作のトマト、ハルジオン酵母、穏作のミント酵母で、3種類の100%加水食パン、、風。トマトはもっと入れると多分もっと美味しいはず。ハルジオンはほのかにお花の香りがして美味しく、ミントは最後に、すーっとするような。。私の育てている発芽玄米酵母ちゃん、待機児童としてなかなかパンになれません。次は何で作るのかな。酵母実験面白いので、暮らしにうまく共存してきました

5歳児 蓬酵母を育てる

蓬やら玄米やらで酵母をおこして、餌をあげてはシュワーとなる。を楽しんで遊んでいる私をみて、5歳の息子|穏くんも、よもぎで酵母作ってみる。と言い出し、見様見真似でちゃんとお世話して酵母が出来た!ので、私の技術が追いついてないものの、一応食べられるパンになりました。次はミントが元気が良さそうし勢いがあると思ったらしく、ミント酵母育ててます。

ここから教訓

\何事も先入観なしにやってみるべし

\子供でもできることの延長が暮らしの営み

\大人が楽しそうにしていることは子供への影響大

今年は田んぼに入って草取りもやってくれる5歳。全身ぬちゃーっと泥沼化し、両生類のような動きで、稲間をうようよ、しています。いつか動画が撮りたいです。とゆうより、本当は私もそんな動きで稲間をうようよしたいです。絶対気持ちいいはずです。

水無月

先日 6月30日に、ある方がこの時期になると京都在住時に食べた「水無月」が食べたくなるけどこの辺にはないんよねぇ。と言っていたので、無いなら作ってみよう、ってことで、家にあるものでなんちゃって水無月、作ってみました。黒糖で作ったので透明感はないけれど、なんとなくそれっぽい。自家製小豆で自己満足なのか、なんとなく、和菓子っぽくは仕上がった。のでした。

6月30。京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

だそう。小豆もちょっとだけ栽培しているし、もう少し和菓子が作れるようになれたらいいな、と和菓子の本を探し中。下半期も平和に過ごしたいです。

ぴよこちゃん

ぴよこ3羽、孵ってます。循環とゆうことさえももう面倒臭だられているのかな。世の中をそうじゃなかったと思い改めさせてくれる、私にとっては大地の先生。烏骨鶏母たち。小をみて大を知り、大を知って小に気づく。すべては繋がっていて、単品ではうまく機能しないってこと。体も地球も同じこと。今の風潮。まさに尻切れトンボが思考までも繋がらないようにしてしまっているよ。困ったね。そんなことばっか言ってる私は、面倒くさいおばさんなんだろうけれど。

よもぎ:すぎな

1年分のよもぎとすぎな乾燥完了。朝露残る時間帯に よもぎは新芽のみ、すぎなはできるだけ葉が開く前の状態を摘ませてもらって、少しだけおひさまにあてて、その後日陰で風乾燥。じっくり水分を抜いていくことで、粉々にならず、お茶にした時も、飲みやすくなります。次の薬草茶摘みは、6月あたり、お花が咲き始めたドクダミです。の前に、、今年は柿茶、作ってみようかな。

蓬酵母

とにかく。パン作りは苦手。できるだけ温度管理と捏ねるのはやりたくない私。そんなことゆうならパンは作れないのは当たり前なのだけど、そんなだらしない私が、ささやかに成功ぎみ、といってもいいのでは、、とゆうパンが最近できているのです。それは蓬酵母を作って焼く水分多めのパン。全ては酵母におまかせと言った具合に 混ぜて放置、そして焼く。とゆうような簡単パンなのです。酵母との関わりがちょっと嬉しく面白くなって、実験にちまちま焼いてみています。生米パンに食感が近く、もちっと食べ応えがあるので、ついつい食べ過ぎてしまう軽い小麦パンより、体には良さそうです。

粒米からもちもにょパンに

生米パン。なるものをいただいてから試しに自分でつくってみたところ。あっとゆうまに、しかも簡単に、もちもにょな、なんともみずみずしいパンが出来上がった。パンと呼ぶにはちょっと違う気もするけれど、これはとっても美味しい。小麦より喉が渇かない。あー、離乳食期に知っていたかった。レシピの量をただいま自分用に試作中

主婦のおともだちクックパッドに考案者のレシピあります→https://cookpad.com/recipe/6065741

規格外規格内

規格外人参ちゃん。

規格外は形が面白くていいと思うんだけど、単に完璧より不恰好な方が好みなだけかな?

|みんな違ってみんないい|

?ほんと?

|みんな違ってあたりまえ|

じゃなくて?

大人が規格外商品作ってる以上、子供にそれって言っていいのかな。なんて

意地悪な解釈している私です

ま。主婦としては、規格外ってだけで安く売ってもらって助かりますがね

つくし

この時期は家の周りにたくさん美味しいものがあるので、買い物にちっとも行かなくていいからいい。つくしは思った以上に出汁が出てさっと炒めただけでもとっても美味しいです。1月あたりからもう地下で頭を出しているつくし。あったかくなってニョキニョキ出たらすぎなに交代。つくしは食べて、スギナは乾燥させてお茶に。摘み取る楽しみ、食べる楽しみ。つくしとすぎなの地下茎さん、見えないところで命を育んでくれてありがとう。

1回目の糀は、うーーん。いまいち。で、反省点をふまえて先週2回目↑は、むむ。随分いい感じになってきました。今週末またまた糀づくりに挑戦です。納得いくまで今年は糀を作り続けます。いまいちだった1回目の糀は塩糀や甘酒に、2回目のは、味噌に仕込みました。こどもたちが、っもはーっとなった米の塊をみて、糀ってカビなんや!と驚いておりました。腐敗か発酵か。生と死のように全く同じ世界感なのですね。

麹づくり|2021

今日から麹づくり。自分たちで育てたササニシキを麹にできること。それだけでもう充分な幸せ度です。何年か前から細々やってみてはいるものの、まだまだうまく作れないかもしれないけれど、とにかく始めてみる。やらないとできるようにはならないから、やってみる。それでも、去年初めて自分で作った麹と自分で育てた大豆でお味噌を作りましたが、とっても美味しいのです。麹づくり。冬の大切なお仕事です。籾から剥がして玄米に、玄米から白米に。そして蒸して麹つけて、、その時に出る籾も糠も全部、また循環の中に返してあげられる喜び。誰にあげるわけでも、売るわけでもないので、ただ、お米と向き合うだけ。これから3日ほど、麹のお世話係おばさんです。

先日、ササニシキの玄米を浸水し、乾かして、石臼でゴリゴリして玄米粉も作ったので、クッキーにしてみたり、ケーキにしてみたり、どんなふうにしたら美味しいんだろうと、麹作りの合間に遊んでいるのですが、いや、美味しさも求めているけれど、エネルギー?パワー?がやっぱり買ったものとはまるで違うので、原料から自家製とゆうのは、美味しいとか、まずいとかではないのです。それを言い換えると自己満足とも言います。

麹菌と自家製のお米と川嵜家菌のトリプル相乗効果ですごい力みなぎる麹ができますように。

柚餅子

時期遅れ、の柚餅子を今日作りました。皮に張がないおばちゃん柚子[私と一緒]の中身をくり抜いて味噌にお砂糖加えて柚子の中に詰め込んで、蒸して、紙に包んでしばらく熟成。今回は古味噌に黒糖のコクありバージョン。何年か前に作った以来のゆべし。むふ。できるかな。楽しみ。