3羽の鳥がポケットに

昨日の夕方、近所に住む愉快なおじさんが、オンくんの上着ポケットに、手のひらサイズの3羽の鳥を、左ポケットに1羽、右ポケットに2羽入れて帰って行きました。森の中に住むおじさんは、家の窓に当たって死んだ鳥を|どうやらよくそんなことがあるようでよく食べている様子|その日、美味しいから誰かにあげようと持ってきていたようです。焼き鳥屋さんもしているおじさんが、美味しいってゆうのだから、きっと美味しいんだろうと、ちゃんとさばいていただきました。あもさんも羽むしりから、ちゃんと解体まで。足も骨も小さく、食べるところはほんのちょっと。でしたが、味わい深く、命を丸っといただきました。今回は死んでいましたが、生きているところから、丸っと解体していくと、本当に愛おしい|肉|になります。スーパーで買ってきたのとは全く違う感情が生まれてきます|本当は同じ感情にならないといけないのでしょうが…|。骨の中の中まで吸い出して食べてやりたくなるほどです。それって動物的に欲している、持ち合わせている本能なのかもしれません。野生の鳥だと、カラスとスズメ、もいつか食べてみたい鳥であります。美味しいらしいです。それから、むしった羽が美しいのでひとまずおいています。子供たちは枕の中身にすればいいやん!と言っていましたが、同居している2匹の猫たちのうちどちらかの枕くらいにはなるのでしょうか。

comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中