おぼっちゃマフィン

F8AFE758-A95F-48A9-9A6C-36A83C7466DD.jpeg

うちで作ったササニシキを友人に借りた石臼で粉にして、お庭の烏骨鶏ちゃんから分けてもらった卵と、田んぼ横の栗の木の渋皮煮、それから坂本製油さんのなたね油、波照間島の黒糖でマフィンを焼いた。見た目地味だけど、出来上がりが、今まで作ったお菓子の中で1番 なんともいえない喜びだったのは、ゆうまでもなく。来年は今年採る予定の庭の蜂蜜もいれてみよう。どこのお菓子屋よりも素敵だ、と自己満足。なぜにかとんがってるマフィンの先っちょも素敵。おぼっちゃマフィン。

“おぼっちゃマフィン” への4件のフィードバック

  1. あらとっても美味しそうだなあ。
    食べに行きたいなあ。

    そのうちぜひ!

    1. 愛ちゃん

      たまに、のーまんじゅうが食べたい私です。
      今度来るときはぜひ、月桃の苗をお願いしたい!

      1. あら!我が家の近所の道端に月桃いっぱい生えてます!

        すぐそばの畑の人のかなあ。誰のものでもなさそうな感じで、お手入れもされていない感じ…

        ちょっと畑の人に聞いてみます〜!

      2. あいちゃま

        こっちで育つか?だけど、良い返事を待ってるー

comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中